加入中の生命保険でお金を借りることは可能?

加入中の生命保険でお金を借りる目的は冠婚葬祭など急にまとまった現金が必要なためで、解約返戻金を担保にして利用できて便利です。日常生活においてお金がなくて困る状況は頻繁にあるものですが、キャッシングやカードローンをすると審査があり金利が高くて利息も増えて困ります。

 

保険会社からお金を借りる方法は利用中であるため安心できるため、いざという時に出費が必要で困っている場合に対応できるため心強いために知ると便利です。

 

加入中の生命保険でお金を借りれる「契約者貸付医制度」とは?

生命保険でお金を借りる方法は契約者貸付制度を利用する方法があり、解約返戻金を担保にすることで可能なため緊急の場合にも対処できます。加入中の生命保険は解約返戻金を担保に保険会社からお金を借りれ、別に契約をする方法を考えずに済むため冠婚葬祭などまとまった金額が必要な場合に使うと便利です。

 

保険は解約するとこれまで払い続けてきた月額の総額をもとに解約金が支払われ、この金額に対して一定の割合の中でお金を借りることができます。契約者貸付制度はあくまでも解約返戻金が担保になっているため、掛け捨てタイプは解約金が発生しないと利用不可能です。

 

銀行や消費者金融会社から借りる時は1から契約が必要で、手間や時間がかかりますが契約者貸付制度を使うと省けます。

 

契約者貸付制度の借入限度額や金利について

契約者貸付制度の貸付利息の金利は1.5%から3.5%の範囲になり、銀行のカードローンや消費者金融会社のキャッシングよりも低くなります。限度額は解約返戻金に対し70%から90%以内で設定される傾向があり、利用できる期間は解約するまでの間ならできることが特徴です。

 

ただし保険を契約してすぐの場合や間もなく満期になる場合は利用できないこともあり、事前に保険会社に聞いて確認する必要があります。積み立てタイプの保険は借り入れが可能になり、いざという時に備えれるように仕組みを把握すると便利です。

 

返済方法は元金と利息を合わせた金額を毎月返す方法だけでなく、一部返済などもあるため最低返済額を確認して収入の状況に合わせて決めると有意義に使えます。

 

契約者貸付制度を利用する方法

契約者貸付制度はカードローンのようにお金を借りるだけの契約でなく、審査の必要がないため手続きが簡単でスムーズにできます。申込方法はインターネットでホームページにアクセスし、希望する金額と銀行口座を登録するだけで完了できて便利です。

 

書類で申し込む方法は必要事項を記入し保険会社宛に返送するだけで完了し、最適な方法を選ぶことができます。ネットで申し込む方法は本人確認書類が不要で、完了のメールを受け取るとすぐに振り込んでもらえて効果的です。