主婦でも消費者金融でお金を借りれる?

主婦が消費者金融でお金を借りる時は安定した収入があれば可能で、パートやアルバイトでも大丈夫です。ただし、主婦が働いているふりをして虚偽の情報を記入すると在籍確認で発覚し、審査に落ちて個人信用情報の申込み履歴に記録されるため注意が必要です。

 

また、お金を借りる目的は人それぞれですが、主婦の場合は収入自体が少ないため、利用可能額が少なくなるので金利が高くなります。消費者金融でお金を借りるた場合は、返済時に借りた金額だけでなく利息も付ける必要があり、仕組みを把握して計画的に利用することが大事です。

 

主婦が消費者金融カードローンではじめてお金を借りる場合の借入限度額はどれぐらい?

主婦が消費者金融のカードローンをはじめて利用する時は借入限度額は低く設定され、正社員やアルバイト、パートに関係なく多くても年収の3分の1までしか借入することができません。

 

消費者金融は総量規制対象になるため、他社借入があればその分減額されますが、なければそのまま適用されるかといえばクレヒスがないために減額される可能性が高いです。主婦はあくまでもアルバイトやパートのため収入が少ないと見なされ、仕事をはじめて時間が経過していないと少なくなることもあります。

 

年収の3分の1に設定する理由は借り過ぎを防ぐためで、利用状況に応じて増額されることもあり正しく使うことが大事です。基本的に希望額を決める時は年収の3分の1を超えないように設定し、審査結果によっては下げられることもあります。

 

主婦は消費者金融カードローンの審査に通りにくい?

主婦は基本的に収入が安定していないとみなされることもあり、消費者金融カードローンの審査に通らないこともあります。

 

通らない原因は他社借入で滞納をすることや総量規制の金額を超過すること、収入がまったくないことがあり、アルバイトやパートでもはじめてすぐの場合はまだ信用されていないため通らない可能性も高いです。

 

審査に通るか通らないかは基本的に収入が安定し返済能力があるかどうかで、審査を行う際に条件を満たしていれば問題なく利用できます。ただし、専業主婦の場合は本人に収入がないと配偶者に関係なく利用できないため、事前に確認してから申し込むことが大事です。

 

主婦は様々なことにお金が必要ですが、消費者金融カードローンを利用する際には安定収入を確保することが求められます。

 

お急ぎの主婦には消費者金融カードローンがおすすめ

消費者金融カードローンは銀行と比べて審査結果が出るまで時間がかからないため、即日融資にも対応できるなどメリットがあります。ただし、銀行と比べて金利が高くて利息が増えやすく、アルバイトやパートなどで収入を確保してなければ利用できないため注意が必要です。

 

消費者金融カードローンは本人確認書類を準備するとネットまたは自動契約機で申し込むとすぐに手続きが可能で、急な出費が必要な場合にも対処できるため安心できます。